FC2ブログ
テンプレートについて

公式テンプレートを元に作成しています。 再配布は禁止ですが、それ以外はご自由にお使い下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

住宅ローンの審査②



皆様、本日もお越しいただきありがとうございます。

今日は、先日の虎さんの質問に引き続き、じゅめさんからも質問のあった住宅ローンの審査について、

『住宅ローンの審査②

ということで話せる範囲で解説していきます。
ではまず、じゅめさんの質問をご覧ください。
~~~~~~~~~~~~~~~~~
非常にためになるエントリーで、さすが銀行員!と思いました。ランキングがあまりに評価されていないと思います、、。毎日応援ポチしてます(^^)

自分は年収550万借金100万円で借入額2,900万円の仮審査通してもらいましたが、借入条件は本承認までの完済でした。仮審査の回答は、シティー坊やさんの返信のとおり、不動産販売会社の営業マンの方からでした。その後、自分で楽天銀行に申し込みましたが仮審査回答は、専用ページでのメール回答でした。

一つ教えていただきたいのですが、借金が残っている場合でも、住宅ローンの借入は可能なんでしょうか?
~~~~~~~~~~~~~~~~~

との質問です。

まず、じゅめさん毎日の応援ポチいただきありがとうございます!
私もポチ返ししてます。

今回の質問を簡略化して言うと、

『借金が残っていても、ローンは組めるか?』です。

先日の回答と重複する部分もあるかと思いますが、回答させていただきます。

答えは一言、
「借金があっても、ローンは組めます」

ここは先日お伝えした部分と重なりますが、
安定した金額を、安定して返済している履歴』が大切になってきます。

そして今回は、先日の虎さんへの回答に加えて、あまり知られてなさそうな『審査の立場からのお客様の見方』をお伝え出来ればと思います。

あ、もちろん会社のコンプライアンスは守ります。

今回は2つのポイントを紹介します。

まず一つ目は、『住んでいる地域によって、年収の見方が異なってくる』です。

これは何かと言うと、東京に住んでいるサラリーマンと、宮崎に住んでいるサラリーマンが、同時に申し込みをしてきたと仮定します。

そして、2人とも年収は600万円です。

そうした時、東京のサラリーマンの方が審査は厳しくなる傾向にあります。

なぜそうなるか?
もうお気づきの方もいるかもしれませんが、東京と宮崎では物価が異なります。
駐車場や飲食店にしても当然宮崎の方が安い傾向にあります。

そうなると、「同じ年収600万円でも宮崎の方が、年間で残す事のできる資産(貯金)が多いはずだ」
ということになるため、審査担当者は住んでいる地域と年収とを見比べて判断していることが多いです。


そして二つ目は、『家族構成よって、年収の見方が異なってくる』です。

これは何かと言うと、サラリーマンAとサラリーマンBを例にして話します。

そして、2人とも年収は600万円です。

・Aさんは、既婚者で専業主婦の妻と小学生の子供2人と同居
・Bさんは、独身で一人暮らしと仮定します。

そうした時、Aさんの方が審査は厳しくなる傾向にあります。

なぜそうなるのか?
それは、可処分所得の違いにあります。

Aさんの場合は、専業主婦の妻と小学生の子供2人を600万円の年収で養っています。

それに比べBさんは、自分のみに対して600万円の年収を使うことができます。

そうなると「同じ年収でも、Aさんは可処分所得が少なそうだ。年間で残す事のできる資産(貯蓄)は期待できないな」と、審査担当者が考えることもあります。


金融機関は、貸したお金を返してもらって成り立つ商売です。
返済不能になった時の事を考えると、毎年の余裕資金の多い人は(多くなる見込みがある人は)少し審査を緩めたり、逆の人(余裕資金の少ない人)は厳しく審査していたりします。

このような事から、ただ単に『カードローンの借入れがあるから住宅ローン審査に通らない』という考え方ではなく、同じ年収であっても住んでいる地域や、家族構成によっても、収入に対する見方の違いが生まれる事がご理解いただけたかと思います。

そのため、金融機関は、顧客それぞれの状況によって、総合判断していると考えて頂ければと思います。


そして、今回のじゅめさんの場合は、フラット35利用とのことなので、申込したモーゲージバンクや銀行では完済条件ではなかったけれども、『住宅金融支援機構』がカードローン完済を融資条件にしたと考えることもできますね。

ただ、今回の内容についてはあくまでシティー坊やの見解です。
銀行やモーゲージバンクの中には、カードローン完済が融資の条件になる銀行もあるかもしれませんので、ご了承ください。

長々と書いてしまいましたが、少しでもお力になれていれば幸いです。
また何かありましたら、何でも質問してくださいね!

長文にも関わらず、最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
これからも更新頑張ります!!

それでは最後に、
毎日更新の励みになりますので、
こんな私に、1クリックずつお願いします。↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

またまた質問

ワケあり専門の住宅ローン相談所みたいになってきましたねw
でも何かひとつ特化してるものがあるということは、大きな稼ぎ頭になる可能性も秘めていますから素晴らしいことだと思います。応援するので頑張ってくださいね!

さて質問。
nekuraのような既婚女性が単独で住宅ローンを申し込んだとき、銀行の方が見られるポイントはどこでしょうか。
ある仲介業者からは、何故旦那が組まないのかと疑われると言われました。
ただSBIなんかは連帯保証人もいらないので、単純にnekura本人の年収とこれまでの借り入れ・返済実績だけを見るのかなとも思うのですが。
既婚女性、年収400万円の場合、ダブルインカム(死語?)の男性と比べて貸しやすいものでしょうか。
それとも妊娠・出産の可能性をリスクとして貸しやすさは低くなるものでしょうか。
差し支えなければで良いので、教えてください。

nekuraさん
いつもコメントありがとうございます。
そう言って頂けると、更新頑張れます!

ポイントはまさにnekuraさんがご承知の通りです。
①なぜ旦那様は申込みしないのか?
②子どもが出来た時はどうするのか、子どもは産む予定か?(年齢を見た上で)
主には、この2点だと思います。

それに加えて、男女関係なく見られるのが、各金融機関ごとに定められている返済比率です。
この返済比率の基準以上の年収があり、上記①、②の納得できる説明があれば、女性単独申込みであっても、承認の可能性は高まるかと思います。

あと一つお伝えするとすると、申込みに必要な書類があるかと思いますが、他にも自分のプラスになる資料がある場合(貯金通帳口座や直近で昇給している給与明細など)は、不動産の営業マンに言われなくとも提出した方が、良い影響を与える可能性は高くなります。

色々と書いてしまいましたが、とりあえずは①、②番を明確に説明できる理由は準備しておかれた方が良いかと思います。
nekuraさんの住宅ローンが無事に組めることを願っていますね^ ^
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。